処置後の肌トラブルを防ぐ

脱毛器

血行が良くなることは避ける必要がある

見た目を悪くする全身の毛を取り除くのが、美容整形で行われる脱毛です。脱毛を数か月単位で行うことできれいになりますが、実際に施術をする場合にはいくつか注意点があります。脱毛をする前日から避けてほしいのが、血行を促進する生活です。血行を促進をする生活というのは、具体的に飲酒とランニングなどの激しい運動が挙げられます。美容整形外科が行う脱毛方法は、根元から抜きやすくなるワックスを塗る方法と細い針から熱もしくは高温の光を掃射して根元の活動を止める方法が挙げられるのです。やり方は違えど、双方に共通するのは毛穴にある毛根に作用して抜くという行為です。毛根は血管から成長するための養分を取り入れて伸びているので、毛根の影響というのは少なからず血管にも影響を与えることになります。そのため施術をする2日前から激しい運動や飲酒をしてしまうと、その時に血管拡張が起こります。血管拡張をしたまま脱毛処理をすると、毛根のダメージが開いた血管の血流にのって周辺に広がってしまうのです。その結果として肌の炎症やかゆみが起きるだけでなく、肌が受けたダメージが全身に広がると体調不良を起こす原因になります。そのため脱毛をするときには、最低でも1週間前ぐらいからは血行を良くする運動や飲酒を避ける必要があります。そしてアレルギーなどの抗炎症剤といった薬も施術に影響があるので、事前に美容整形外科の担当医から服用してもよい薬なのか確認することが大事です。

Copyright© 2020 完璧なツルツルでスベスベのお肌を望むならプロにお願いしよう All Rights Reserved.